ワインウォーターって何?美味しいの?どんなメリットがある?

  1. ホーム
  2. ワインウォーターって何?美味しいの?どんなメリットがある?
キジトラ
キジトラ

「世界初の新ジャンル飲料」の「ワインウォーター」が日本で発売されたよ!

何それ??お洒落なドリンク〜!!

ワインウォーター ??何それ?って感じですよね。
早速購入して調べてみました!

ワインウォーターとは?

ワインウォーターとはイスラエル産のワインエッセンスウォーター

ワインウォーターとは、イスラエルのWineWater社が作った”ワインエッセンスウォーター”で、商品名は「O.VINE」(オー・ヴァイン)です。

2018年にNYで発表され話題になり、2020年7月から日本でも販売されるようになりました。

ワインウォーターはノンアルコールワインとは違う?

ワイン用ブドウの「エッセンス」のみを注入した精製水なので、ワインからアルコールを除去したノンアルコールワインとは異なります。

ノンアルコールワインはベースがワイン・果汁ですが、みたいなものですが、ワインウォーターは水にエエッセンスを注入したものです。「フレーバードウォーター」というとイメージしやすいかもしれません。

成分表は以下の通りです。(白ワインウォーターのラベルより)

Purified sparkling water. White grape skin and seed essence, pear concentrate, tartaric acid, white wine flaver, acerola cherry powder.

精製炭酸水。白ブドウの皮と種子のエッセンス、梨濃縮物、酒石酸、白ワインのフレーバー、アセロラチェリーパウダー。(直訳)

 ↑ アセロラとチェリーのパウダーで風味づけをしているんですね。

WineWater社は、特許出願中の製法で、ワインの製造過程で廃棄されるぶどうの種と皮を使用してエッセンスを抽出し風味づけをしているそうですよ。

ワインウォーターとは?まとめ

ワインウォーターはノンアルコールワインとは全く異なるものなんですね。
ワインのフレーバー、味、有効成分が楽しめるお洒落なフレーバーウォーターといったところでしょうか。

さて気になるお味の方は?

ワインウォーターって美味しい?

ちょうどこの記事を書いたのが、7月のよく晴れた暑い午後でした。
本当に暑かったので、フレッシュなワインウォーターがとってもおいしかったです。

甘すぎずにすっきりしてて、爽快!ワインみたいで美味しい!

詳しくご説明しますね。

ワインウォーター白はこんな味

「ウォーター」とは思えないくらい色は濃くて、ゴールドがかったきれいなレモンイエロー。
炭酸は優しくごく微発泡でした。

香りはワインというよりぶどう(ファンタグレープみたいなわかりやすい香り)に、黄桃、アセロラのフレッシュな香りがしました。

ウォーターなのにこんなに色も香りも濃いなんて思いませんでした。

でも味は水に近いです。
香りが口中いっぱいにひろがるので、つい濃い味わいを想像してしまうので、初めて飲むときはギャップにびっくりするかも(笑)

とてもすっきりとしていて、アセロラの香りとミネラル分がほんのり後味に残ります

ワインっぽさはあまりないけれど、「薄いスプリッツアー(※)にアセロラのフレーバーをつけたんだよ」と言われたら騙されちゃうかも!
(※スプリッツァー・・・白ワインを炭酸で割った軽いカクテル)

ワインウォーター赤はこんな味

赤も、色合いはしっかり。きれいなサーモンピンクです。ロゼワインみたい。
炭酸は白よりしっかりしていました。たまたまかな?

香りはアセロラ、チェリーが強く、ぶどうの香りはあまり感じられません。

フレーバーのバランスが良く、爽快感が残ります。
後味はミネラル感とフレーバーがほんのり残りました。

ワインウォーターはこんな方におすすめ

どちらもさっぱりしてとてもおいしかったですよ!

例えば夏の暑い日に、ビールかスパークリングワインでも飲みたいけど、今はお酒が飲めない・・そんな時にぴったり。
ノンアルコールワインは甘いものが多いので、さっぱり好きの私はワインウォーター推しですね^^

色が綺麗でパッケージもとてもお洒落なので、SNS生えするのもポイント!
プレゼントにもおすすめ!

ワインウォーターのメリット

ワインウォーターは、酸化防止剤・保存料・着色料・砂糖不使用で低カロリー。さらにポリフェノールを含み「美容と健康」にオススメ !!と大絶賛されています。

メリットをまとめました。

ワインウォーターは低カロリーで栄養価が高い

ワインウォーターは非常に低カロリー。赤は240mlあたり20カロリー、白は15カロリーです。

ノンアルコールワインの記事で、ワインとノンアルコールワインのカロリー比較のお話をしましたが、それよりさらに低いんですね。

普通のワイン 70〜80kcal/100cc
ノンアルコールワイン 20Kcal/100cc
ワインウォーター赤 8.33kcal /100cc
ワインウォーター白 6.25kcal /100cc

カロリーコントロール中の方には本当に嬉しいですね!

また、ポリフェノールも含まれています。

赤ワイン 230mg/100ml
ノンアルコールワイン赤  0.13g/100ml
ワインウォーター赤 23mg/100ml
(78mg/340ml)

ノンアルコールワインと比べるとこんなに違うんですね・・!

ワインウォーターはアップサイクルでサスティナブル

かっこよさそうなカタカナならべてみました(笑)

アップサイクルというのは、捨てるものの再利用の「リサイクル」ではなく、新たな価値を想像すること。

ワインを作る時に、しぼった種と皮は廃棄されるのですがその中に味、香り、色、抗酸化物質といった重要な成分が含まれてることに着目し、「リサイクル」ではなく「アップサイクル」・・新たな価値を想像したのがこのワインウォーター。

ワインの廃棄物を減らすこともできて、サスティナブル(持続可能)というわけですね。
企業の事業活動を安心して支援できますね。

ワインウォーターのメリットまとめ

ワインウォーターは低カロリーなのに栄養価もあります。コンビニでよく売ってるフレーバードウォーター、いろ○すみかんは17kcal /100cc なので、カロリーは半分なんですね。

また、パッケージがお洒落なのも素敵なメリット。パッケージ部門でもコンテストに入賞していたくらい。

おいしく、体によく、また企業活動も安心して応援できるので健康やビジネスに意識の高い方へのプレゼントにもとてもおすすめできますね。

ワインウォーター のデメリット

あまりデメリットって思いつかないですが、あえて挙げるとしたら以下のような点があります。

小売しているところが少ない

代理店のライズワン株式会社では12本からの販売になっています。
口に合うかちょっと試してみたい、という時は、まとめて買うのはちょっと躊躇ってしまいますね。

そんなときは以下のサイトをご利用ください。

マーケットバスケット  @¥1,117

楽天のこちらのショップなら、赤白2本セットで¥2235でした。
しかも送料無料です。
https://item.rakuten.co.jp/marketbasket/drk_na15/

両方1本づつ試せるのは良いですねー!
私もここで買いました。残量少なくなっているけど、終了後継続して販売するのかは謎ですね。

RUHE HOME  @¥1,990

ちょっと割高になりますけど、こちらのサイトなら1本から購入可能です。
https://ruhehome.official.ec/items/27785821

1本990円から購入できますが、送料が1,000円かかかってしまうので、マーケットバスケットさんで2本買ったほうがいいですね。

※ただ上記2店舗でもいつまで取り扱っているかはわからないです。

正規代理店ライズワン株式会社  @¥831

やっぱり正規代理店さんが一番コスパがよいですね。12本送料無料で9,980円なので、1本あたり¥831円です。
さらに2箱まとめ買いすると¥2,000引きなので1本あたり¥748円。試して気に入ったら公式サイトでまとめ買いがよさそうです。

ワインウォーター は値段が高い?

このように、ワインウォーターはとても素敵なドリンクですが、水だと思うとちょっと高いかも知れませんよ(笑

公式ページからのまとめ買いで1本831円。1本といっても340mlなので、750mlに換算すると1,800円くらいということですね。

ワインウォーターのデメリットまとめ

小売してくれる店舗が少ない
水だと思うと高い(笑

オサレなヘルシードリンクと思えば安い?
販売されたばかりなので、これから買えるところが増えるとよいですね!

まとめ

・ワインウォーターとはワインの有効成分を注入したフレーバードウォーター
・美味しい、おしゃれ、ヘルシー、プレゼントにおすすめ
・まだ買えるところは少ない、買うときは本数と送料に注意

キジトラ
キジトラ

シャレオツやねー