2020年9月最新 サイゼリヤワインリストのおすすめは?テイクアウトはできる?裏メニューは今・・?

イタリア
  1. ホーム
  2. イタリア
  3. 2020年9月最新 サイゼリヤワインリストのおすすめは?テイクアウトはできる?裏メニューは今・・?

「サイゼ飲み」が人気ですよね!ワインはどれがおすすめですか?

キジトラ
キジトラ

サイゼリヤってすっごい安いのに美味しいよね。最新のワインメニューを紹介するね!

サイゼリヤはワインを自社輸入(※)しているので驚きの安さなんですよね。
どんなワインがあるか詳しくご紹介します!

ネットで検索すると「裏メニュー」など出てきますが、それは以前の古いメニューの情報でした。
この記事では2020年9月末に確認した最新情報をお届けします!

2020年9月最新 サイゼリヤワインリスト

サイゼリヤのワインリスト は2種類あります。

全ての店舗に9種類のワインがありますが、それとは別に「スペシャルワインメニュー」を置いている店舗が127件あります。(2020年9月現在)

お店によって異なるので注意してください。

最寄りのサイゼリヤにスペシャルワインがあるかどうか?はホームページの店舗検索で確認できますよ。

サイゼリヤの通常のワインメニュー

サイゼリヤのワインメニュー

ハウスワイン赤・白 
グラス ¥100 デカンタ250ml ¥200 デカンタ500ml 400円 マグナム1500ml 1,100円

・スパークリングワイン
ドン ラファエロ (白・辛口)¥1,100
ランブルスコ セッコ (赤・辛口)¥1,100
ランブルスコ (ロゼ・甘口)¥1,100

・白ワイン
ベルデッキオ (辛口)¥1,100

・赤ワイン 
キャンティ (辛口・やや重い)¥1,100
キャンティ ルフィナ リゼルバ(辛口)¥2,200

・デザートワイン
ラコンブリッコラ グラス 300円

サイゼリヤのスペシャルワインメニュー

サイゼリヤのスペシャルワインメニュー表・裏

・スパークリングワイン
ランブルスコ ロゼ (ロゼ・甘口) ¥1,100
ランブルスコ レッジャーノ ドルチェ (赤・甘口) ¥1,100
ランブルスコ レッジャーノ セッコ (赤・辛口) ¥1,100
ドン ラファエロ
(白・辛口・軽め)¥1,100
ブリュ セッテ ノーテ (白・辛口・重め)¥1,100
プロセッコ ブリュ(白・辛口・中)¥2,200

・白ワイン
ハウスワイン マグナムボトル (白・辛口・軽め)¥1,100 ※1,500ml
ベルデッキオ (白・辛口・軽め)¥1,100
インカントス ヌラカス (白・辛口・中)¥1,650
バケロ (白・辛口・重め)¥2,200
サイゼリヤ プレミアム (白・辛口・重め)¥2,200
オーリ (白・辛口・重め)¥2,600
ソアヴェ イルカサーレ (白・辛口・重め)¥2,600
ドンナリーザ ビアンコ (白・辛口・重め)¥2,200

・赤ワイン
ハウスワイン マグナムボトル (赤・辛口・軽め)¥1,100 ※1,500ml
キャンティ(赤・辛口・軽め)¥1,100
ラヌッチョ バルベーラ (赤・辛口・軽め)¥1,650
サイゼリヤ プレミアム(赤・辛口・重め)¥2,200
キャンティ ルフィナ リゼルバ (赤・辛口・重め)¥2,200
サリーチェ サレンティーノ リゼルバ(赤・辛口・重め)¥2,200
ラチェモ(赤・辛口・重め)¥2,600
レアレ(赤・辛口・重め)¥2,600
カントルッポ(赤・辛口・重め)¥3,900

・デザートワイン
ラ コンブリッコラ (白・極甘口・軽め)¥2,200 ※500ml

バラエティ豊かでものすごく安いですね。
ワインフルボトル1本、1,100円!

レストランのワインのお値段って、普通は「仕入れ値×3倍」の値段にするのが一般的ですが、サイゼリヤは小売価格+100円程度。

安いとお味が心配になってしまいますが、味わいは市販の1,100円のワイン以上でしたよ。
それをお店で飲んでこのお値段は本当に凄いことだと思います。

※スペシャルワインメニューには普通のメニューに乗っているワインも掲載されています。
☆がついたものがスペシャルワインメニューにしかないワインです。

サイゼリヤワインのおすすめは?

さてどれが美味しいのでしょうか?

人気のワインを4種ためしたので参考にしてくださいね!

サイゼリヤハウスワイン 赤・白 グラス ¥100

グラスたっぷりになみなみと入ってきました。
一応グラス一杯120mlほどらしいんですが、明らかにそれより多い気がします。

・・・色は明るいレモンイエローで、すっきりしたマスカットの香りがします。
とても軽くフレッシュで少しミネラル感もあります。とてもフレッシュで飲みやすいのですが、ちょっと軽いなという印象でした。

・・・濃いめのガーネット、ふちは紫がかってとても若々しい色合いです。
温度が冷えてるので香りは弱めでしたが、カシスとスパイスのバランスのよい香りがしました。
とても瑞々しい果実味、アロマティックで細かなタンニン分が心地よく、美味しいフレッシュな赤ワイン。珍しいタイプ。冷やして飲むのにぴったりですね。

サイゼリヤのハウスワインはとてもアロマティックで若々しく、甘い香りが強かったので、新しいメニューのラム肉のお料理によく合いました!

もっと濃いワインが合うかな?と思ったので意外でした。
この「ラムときのこの木こり風」はたまねぎやニンニクも効いていて、くせのあるラム肉がとても食べやすかったです。

キャンティ 赤 ボトル ¥1,100

サイゼリヤのキャンティのボトル

赤ワインのボトルはどれが人気がありますか?と聞いたところ、一番人気はこちらの「キャンティ」なんだそうです。
「キャンティ」という名前が有名なのと、リストの中でもお手頃なことも理由かもしれませんね。

早速いただいてみました。

サイゼリヤのキャンティボトルとグラス

・・・・色合いは透き通っている、輝きのあるガーネット。やや粘性もあります。
香り・・・冷えているのでアロマ控えめ。落ち着いたカシスの香り
味わい・・なめらかな口当たりです。軽めですが、酸とタンニンが程よいバランスで飲める気軽な美味しい赤ワインです。軽め~ミディアムくらい。

ラ コンブリッコラ グラス ¥300

デザートワインのラ・コンブリッコラ。グラスでいただけるのでデザートと一緒にぜひ。
メニューには45mlと書いてあるのですが、なんだかもっと多そう。

・・・つや・照りのあるオレンジがかったゴールド
香り・・・はちみつ、レモンティーのさわやかな甘い香り
味わい・・優しい甘さ、本当にレモンティーに蜂蜜をたっぷりとかしたような味で、すっきりしています。

新しくなったサイゼリヤのティラミスは、ふんわりしていて軽やかだったのでデザートワインによく合いました。(前は硬いアイスクリーム風でしたよね?)

サイゼリヤのワインは持ち帰りできる?

サイゼリヤでテイクアウトできるワインは、「飲み残したワイン」だけで、基本的にはワインを購入することはできません。
お酒を販売するには「酒販免許」が必要なので、飲食店では販売できないんですよね。

ただ、コロナの影響への対策で規制が緩和され、一部ですが今なら購入が可能です!

サイゼリヤのワインのテイクアウト対応店舗(期間限定)

テイクアウトできるのは、「グランドメニューに乗っているワイン全品」とのこと。
https://www.saizeriya.co.jp/PDF/irpdf000784.pdf

↑このお知らせには10種類のワインが掲載されているんですが、その後メニューが改定されて「サイゼリヤプレミアム」の赤・白がグランドメニューから外れているんですよね。

でも、テイクアウト店舗はすべてスペシャルワイン対応店舗なので「サイゼリヤプレミアム」の在庫はあるから問題なさそう。
もしダメって言われたら以下の裏ワザを使ってください!

※テイクアウト販売は期間限定で2020年11月末頃まで。

スペシャルワインをテイクアウトする方法(裏技)

ハウスワインのマグナムボトルのメニューに「飲みきれないワインはお持ち帰りいただけます」と書いてあります。

マグナムボトルの横に書いてあるので、持ち帰りはマグナムのみ?
いえいえ、どのワインでも全て持って帰れますのでご安心を。

本当に安いので、1本飲めないな、と思っても持って帰れるならいいかも!

さらに・・・こんな使い方も。

持って帰れるのはあくまで「飲み残したワイン」だけなのですが、とりあえず入店して席につき、ワインをオーダーして、テーブルに持ってきてくれたらそのまま会計して帰れば持って帰れちゃいます。裏技?

確認してくださった方がいらっしゃいました↓

サイゼリヤのワインは通販もできる?

サイゼリヤのホームページには載っていませんが、輸入会社アダツアーズジャパンのショップページで通販もできますよ!

12本までだと通常便¥500(クール便¥800)の送料はかかりますが、サイゼリヤ店頭よりさらに安く、ワインの種類も多いのでぜひチェックしてみてください!

アダツアーズジャパンの通販ページはこちら。
https://adda-tours.com/

サイゼリヤワイン 裏メニューの真実

サイゼリヤのワインについて調べていると、7,500円のバローロがある、とか銀座インズ店の食べログには46種類のワインがある、という情報が出てきますね。

今でもそれを引用しているブログやTwitterが多いので、何処かにあるのではないか?と期待したのですが・・・。電話して聞いてみたところ、それは4〜5年前の話で今はやっていないそうです。(ぴえん)

今回紹介したものが最新になります。ご注意ください。

※ワインはサイゼリヤのグループ会社 アダツアーズジャパンが輸入しています。
自社輸入、と書きましたが、アダツアーズジャパンは2017年に独立しているので、厳密にいうと現在は「自社」ではないのかもしれません。