バレンタインに本当におすすめのワインとは?カロンセギュールの味は?

フランス/ボルドー/サンテステフ/ワインコラム/バレンタイン
  1. ホーム
  2. フランス
  3. バレンタインに本当におすすめのワインとは?カロンセギュールの味は?

バレンタインが近づくと、可愛いピンクのディスプレイで街が賑わいますね。
可愛らしいパッケージ、美味しそうなチョコレート、見ているだけでも楽しくなりますね^^

ワインショップも、バレンタイン用にワインを求めるお客様で賑わいます。
バレンタインにはどんなワインが人気があるのでしょうか?

私がワインショップで働いていた時、どんなワインを並べていたか?どれが売れていたか?
人気ワインとその理由をお話していきますね。

バレンタインプレゼント選びのご参考にしてください♪

バレンタインで人気のワイン3種類

バレンタイン用に仕入れるワインは、以下の3種類でした。

・チョコレートに合うワイン
・愛やハートモチーフのバレンタインらしいワイン
・高級ワイン

詳しく説明していきますね。

チョコレートに合うワイン

バレンタインの贈り物といえば、まずはチョコレート!ですよね。

チョコレートと合うワインってどれですか?

と聞かれるお客様がとても多かったです!
彼のために一生懸命選ぶ姿は本当に可愛らしい!
喜んでもらえるワインはどれだろう、と相談するのはとても楽しいお仕事でした。

さて一般的には、チョコレートに合わせるワインは「ほどよい渋みのあるボルドー」、「樽の効いたスペインワイン」、「果実味のあるカリフォルニアワイン」が合わせやすいものが多いといえますね。

もし甘いものでもよければ、デザートワイン「ポートワイン」もおすすめです。
ポートワインはチョコレートに合わせるお酒としては鉄板です^^

まとめると「チョコレートに合うワイン」は以下の通りです。

・ボルドー
・スペイン
・カリフォルニア
・ポートワイン

でも、チョコレートと言ってもいろいろあるので、実際に食べてみないとわからないんですよね。

そのため、無理にチョコレートに合わせるより、次に紹介するような「バレンタインっぽい」ワインを選ぶ人も多かったです。

愛やハートのラベルのワイン

ワインには、名前やラベルに「愛」や「ハート」をデザインしたものがたくさんあります。

バレンタインは「カップルの愛の誓いの日」なので、ピンクやハートに因んだものが好まれやすいです。
ワインの名前に「愛」(アムールAmor)とか、「天使」(アンジェAnge)と入っているものなど。

バレンタインにちなんだいろんなデザインのワインが販売されているので、その中から予算・好みに合ったワインを選ぶ方が一番多かったです。

ハートのラベルのワイン例

ハートのラベルで一番有名なのが、こちら「シャトー・カロン・セギュール」

バレンタイン時期にワインショップに行ったら必ず置いてあると思います。

カロンセギュールは、フランス・ボルドー地方の高級ワインです。

最近のヴィンテージで¥15,000〜¥20,000くらい。20年前後経過した飲み頃のもので¥40,000〜¥50,000くらいです。

結構いいお値段がするので、そんなにポンポン売れるわけではありません(笑)

もし飲んだことがなければ、この機会に飲んでみるというのもありですよね。
「あの時いいワインプレゼントしてくれたよね」なんて思い出になればまた素敵ですね^^


そこまでくると、やっぱりある程度まとまった金額を出すなら、やっぱり「自分の好みのワイン」や、「一度飲んでみたかった憧れのワイン」を書いたい、とお考えになる方の方が多いみたいです。

なので、バレンタインでよく売れるワインの値段の高いものは、人気のカロン・セギュールに限りませんでした。自分や恋人が飲んでみたかった「ちょっといいワイン」を買う方も多かったですよ。

ちょっといいワイン

そういうわけで、イベント時は「有名なちょっといいワイン」の在庫も少し多めにしておくんですよね。

イベント=プレゼント=好きなもの、豪華なものを買ってあげたい(買ってもらいたい?)というニーズが多いからですね。

バレンタインで売れていた人気ワインとは?

まとめると、私が働いていたお店でバレンタインに一番よく売れていたのは「愛やハートのラベルのワイン」の、2,000円弱くらいの「チョコレートに合いそうな」ボルドータイプのワインでした。

手頃な価格帯の「チョコレートに合いそうな」「愛やハートのラベルのワイン」ということですね。

その次に、¥5,000〜¥10,000くらいの「ちょっといいワイン」がよく売れており、カロン・セギュールばっかり売れると言うわけではなかったです。

カロン・セギュールがそこまで売れない一番の理由は、お値段が高いことと、王道すぎてベタな印象があるのかもしれませんね。
見た目はとても可愛らしいですけれど、味わいは男性好みのしっかりた素晴らしいワインなんですよ。

手頃な価格帯のカロンセギュールもあるので、合わせてご紹介しますね。

カロンセギュールはどんなワイン?

改めて、カロンセギュールについて詳しくお話しします。

シャトーマルゴーが1級!などの格付け等級の話を聞いたことありませんか?
ボルドー地方・メドック地区では1級から5級まで、ワインの格付けが決められているんです。
(他の地域には別の格付けがあります。これが混乱するんだ・・)

で、カロンセギュールは、このメドック地方の格付けの「第3級」になります。

1級と3級で何が違うか気になりますよね。
どうやら、単に当時の価格で5段階に決めただけのようですよ(笑)

この格付け文書では、価格の順番にシャトー名を並べています。高価格が高ランクとの認識ですね
https://www.enoteca.co.jp/article/archives/11483/

カロンセギュールは、有名なワイン評論家が「第一級と肩を並べるほどの潜在能力を持ち合わせたワイン」だと高評価されています。
人気も実力も3級以上とお考えいただいて間違いないかと!

カロン・セギュールのハートの理由

カロン・セギュールの有名な逸話も紹介しておきます。

カロン・セギュールを所有していたのは、セギュール侯爵さん。

カロン・セギュール以外にも、ラフィット、ムートンなど第一級の土地を買収し、ルイ15世から「ぶどう畑のプリンス」という異名を授かったそうですよ。ぶどう畑の☆プリンスさまっ♪だったんですねー(笑)

さてそんなぶどう畑のプリンス様、こんなことを言っていたそうです。

” Je fais du vin à Lafite et à Latour, mais mon cœur est à Calon”

https://www.calon-segur.fr/fr/le-coeur-plus-quun-symbole/

「ラフィットやラトゥールでワインを作っているが、私の心はカロンにある」
うーん、ラブリーですねー。

この逸話から、カロン・セギュールの石壁にハートのプレートが掲げられたそうです。

https://www.calon-segur.fr/fr/le-coeur-plus-quun-symbole/より

昔のラベルは、ハートマークは左下のものもあったようです。
これも素敵^^

カロン・セギュールの味は?

では、そんなカロンセギュールですが、どんな味がするんでしょうか?

・・・かなり前に飲んだことはあるんですが、「結構しっかりしてたな」という記憶ぐらいしかなくて。。(すいません)

ブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プティベルドのブレンドです。
カベルネ・ソーヴィニヨンが80%と酒躰のしっかりした長期熟成タイプのワインです。
濃厚・アロマティックでバランスが良いと評判です。

私の記憶があてにならないので、新着の口コミをピックアップしましたよ。

クールなカシスの香り、まだまだ若々しい。生き生きとした味、なめらかなタンニン。男性的で複雑で、マルタ、湿った森、干し肉のニュアンス。余韻長く香ばしい。(大体の訳)

1998年ということは、22年ものでまだまだ若々しいんですね、すごく複雑そう。

こちらは1997年。

非常に明るく透明なルビー色で透き通っている。
コルクも健全。香りは赤い果実、ラズベリー、バランスの取れたフルーティな味わいのワイン。(大体の意味の訳)

20年くらいでもまだまだ若々しさのある素晴らしいワインなんですね。

でも、4万円はちょっと手が出ないわ・・

キジトラ
キジトラ

だよねー。。興味があったら、セカンドから試してみては?

セカンド?

バレンタインにおすすめ!手頃なカロン・セギュール?

興味をもたれた方は「カロン・セギュールのセカンドワイン」を試してみてはいかがでしょうか?
セカンドワインというのは、同じシャトーで作られた、比較的早く飲める手頃な価格のワインです。

カロン・セギュールのセカンドワインは「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」と言います。

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール

見た目はそっくりですね^^

カロンのテロワールをさらに異なるスタイルで表現したのが「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」です。(中略)グラン・ヴァンを思わせるエレガンスを醸し出すと同時に、早飲みワイン特有の美味しさが光ります。

https://www.calon-segur.fr/ja/%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%bb%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/

価格は¥5,000前後です。これならもう少し気軽に試せますね!

サンテステフ・ド・カロン・セギュール

セカンドだけでなく、サードもあります!
もうちょっとシンプルになりましたが、このラベルも可愛いですね。

みずみずしい風味、果実感、すぐにでも美味しく楽しめるスタイル。原料には主に若株ぶどうを使用し、メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンをバランス良くブレンドしています。

https://www.calon-segur.fr/ja/%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%95%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%bb%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/

価格は¥3,000前後です。買ってすぐ美味しいのはありがたいですね。

セカンド・サード共に、美味しくて手頃、かつサードは生産量も少ないのでバレンタイン頃には品薄になることも。ご興味のある方は、お早めにキープしておいてくださいね!

キジトラ
キジトラ

私も今年はサードにしようかな♪

バレンタインにおすすめのワインまとめ

・気軽に雰囲気を楽しみたい方
結局のところ、バレンタインは手頃な価格帯のチョコレートに合うワイン、
またはハートラベルのバレンタインらしいワインが一番売れていました。

・気合を入れてこ素敵なプレゼントをしたい!方
とっておきの「カロンセギュール」や「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」でキメちゃうのもおすすめ!素敵敵な思い出になることでしょう♪

でも、相手のワインの好みがわかるようでしたら、せっかく良い金額のワインを送るなら「相手の好みの高級ワイン」がベストです。予算が合えば「生まれ年のワイン」なども喜ばれますよ!

また、逆の発想で「ワインに合うチョコレート」を用意するのもおすすめです。
2021年はノイハウスが「ワインペアリングチョコ」をリリースしました。

お好きなワインを用意して、いろいろなチョコレートとのペアリングを楽しむなんていかがでしょうか?
ほんとに美味しかったのでぜひこちらもご覧ください!